設置する際の利点

監視カメラをあえて設置することのメリット

店舗のみならず最近では個人の一戸建てや車などにもさまざまなタイプの監視カメラが取り付けられるような時代になっています。監視カメラをあえて設置するメリットは犯罪が起きたときに証拠とすることができるということがしばしばあげられます。もし犯罪が起きた場合に監視カメラにその一部始終が映っていたり、犯人の顔が映っていれば捜査も大幅に進展します。しかしそれ以外にもメリットはあります。犯罪を防止するというメリットです。犯罪者は人の目を気にする傾向にあるので監視カメラを設置していると書かれている住宅や監視カメラが設置されているのが一目でわかるような住宅は避ける傾向にあります。設置するだけで抑止効果を発揮します。

アナログからデジタルへ

犯罪に対して効果を発揮する監視カメラですが以前はアナログのものがほとんどでした。アナログは映像の跡切れが少ないことや夜間や逆行時でも強いというメリットがありますが、配線の引き回しが必要で大掛かりな工事が必要であったり映像が荒く劣化しやすいなどのデメリットがあります。そのために最近ではデジタル化しています。IPカメラやデジタルカメラといわれるもので、デジタルデータに変換して保存されます。インフラが整っていれば比較的簡単な工事で設置可能で、鮮明な映像をとることができます。複数台のカメラを一括で簡易したい場合には配線がアナログよりもケーブルの取り回しが簡素化できますし、カメラまでの距離により映像が劣化することはないです。